2018年4月13日金曜日

『夜明けまでにはまだ時間がある』巡回展/本・中川




5月に松本の「本・中川」で、nakabanさんとの二人展
『夜明けまでにはまだ時間がある』の巡回展が決まりました。

幻燈ライブもありますので、お近くの方はぜひ。
松本へは行くのは実に4年ぶり。
とても楽しみ。


>>>

nakaban / makoto ueda 夜明けまでにはまだ時間がある

● 展覧会 5月3日(木)- 6月3日(日)本・中川   
水・木・日12:00-18:00 金・土・祝12:00-19:00 月・火 休  
松本市蟻ケ崎2丁目5-6 TEL: 0263-33-8501

● Live 5月12日(土)
 salon as salon  (松本市中央3丁目5-10) 
  open:17:30 start:18:00 
  makoto ueda(music)  nakaban (magic lantern) 
  ticket: 前売り2000円+1Drink 当日 2500円+1Drink
   ご予約 ✉️→ info@honnakagawa.com


お申し込みは上記にもある通り、本・中川のメールにて受け付けいたします。
・お名前
・人数
・当日連絡のつくお電話番号
をお知らせください。



「本・中川」さんのページはこちら


dining social / shop logo




ロゴ・デザイン。

「手描きのやわらかさがあり、整っている」
というテーマを頭の中に置いて、制作。

お店は、神戸・北野坂にこの春オープンした「dining social」。
合わせてショップカードも制作。

店内も見せていただきましたが、ゆったりと落ち着いた空間でした。
モーニングもやっているので色々な時間帯で食事を楽しめる。

諸々落ち着いたら、ゆっくり食事に行こう。



2018年4月2日月曜日

『それで君を呼んだのに 忌野清志郎を想う』


『それで君を呼んだのに 忌野清志郎を想う』

原宿にあるカフェ・シーモアグラスにて今日からはじまりました。
今年で5回目となります。

毎回フライヤーのデザインと絵を担当していますが、
今年は7インチ(シングルレコード)のジャケットサイズにしました。
表面は、シルバーとイエローの特色+ブラックの3色刷り。
裏面はブラックの1色刷りという仕様。

忌野清志郎さんの誕生日から命日までの1ヶ月間、展示されております。

2018.4.2 mon 〜5.2 wed 
12:00〜18:00 火曜休み
14日(土)21日(土)は16時まで

<参加者>

荒井良二/植田真/竹中直人/細馬宏道/マツヤマ・アキオ
ももとぶどう(切明浩志)/安食史子/角田光代/かみじまあきこ(美篶堂)
後藤美月/田村セツコ/はまのゆか/やまぐちめぐみ/矢野顕子
and more








2018年2月12日月曜日

ピンポイントギャラリー100人展


寒い毎日。
あまりに寒く、少し体調を崩して風邪をひいてしまった。

年が明けてから、ずっとこもって制作が続いていて、
1つ区切りができたタイミングで外出し海辺へと向かった。
漁師町の浜辺は人気(ひとけ)がなく、海風は強く冷たかった。
そこでどうやら身体を冷やしてしまったようで、
しばらく、ぐずぐずしていたが、やっと一昨日くらいから体調が戻ってきた。

さて、毎年恒例のピンポイントギャラリー100人展へ参加。
この2月でピンポイントギャラリーは30周年だそうだ。
おめでとうございます。

企画展のテーマは『わたしの1冊、あなたへの1冊』。
文庫サイズのまっさらな本を渡されて、 自由に作品へ、というもの。

僕の作品は「OYASUMI NO AO」と題して、
全ページ青いドローイングを収めた作品。
抽象的なドローイングを瞬発的に描き続けていったら、
だんだんとストーリー性が出てきて……

ぜひ、お手に取って見てみてください。


>>>

2018.2.19 mon 〜3.3 sat
11:00〜17:00まで 日曜休み

107-0062 東京都港区南青山5-10-1二葉ビルB1F
03-3409-8268